自転車保険を検討してみる

最近、自転車関連ではいいニュースよりも悪いニュースを耳にすることが多いような気もします。

 

放置自転車や道路の逆走、自転車が原因となった死亡事故など。

 

スポーツ自転車ブームに始まった自転車人口の増加によって今まで隠れていた
自転車に関する法の不備やマナーの問題が浮き彫りになった形となっています。

 

そんな中でも最近耳にするようになったのが自転車と歩行者の事故で
加害者となった自転車に乗っていた人に対して高額な損害賠償請求がされる事案です。
自動車事故ならば保険がきくので損害賠償請求されてもそれでなんとかなりますが、
自転車の場合はそうはいきません。

 

さて、かく言う私もいわゆるロードバイクと呼ばれるスポーツタイプの自転車を趣味とする
サイクリストの1人なのですが、恥ずかしい話、自転車保険に入っていませんでした。
一応、自転車を趣味とするものとして交通法規の厳守やマナー面でも常々情報をあつめて
自動車を運転するドライバーの邪魔にならないような走りをしていたので、
そこまで重大事故を起こすこともないから必要ないかなとも思っていました。

 

しかし、そいった自転車事故の訴訟などのニュースを目にすると、
自転車保険というのはそういう問題ではなくて、道路を車輪のついたもので高速で移動する以上は
入らなくてはいけないものだと感じるようになりました。

 

自分に大きな過失がなくとも歩行者が飛び出してきてぶつかるということがないとも言えません。

 

そういった場合に被害者となってしまった人にお金の面だけでも何とかするということは自動車に限らず、
自転車にも必要な考え方だと思います。